1円銀貨の価値と買取相場 

男の子

明治時代に流通した近代銭として知られる1円銀貨。現在お金として使えないけど昔のお金としてプレミア価値がついて高く売れないかなぁ……売る前にある程度の価値や値段を知りたいなぁ……という人は多いですよね。近年、お家の蔵に眠っている古金銀や紙幣を買取に出して現金化する人が増えています。蔵に眠っていた古銭は汚れやキズがついていてどうせ売れないだろうと諦める人もいますが、それは大変もったいないです。1円銀貨の正確な価値は目利き高い鑑定士に査定してもらいましょう。今回は、1円銀貨の価値と買取相場を紹介します。

記事の目次チェックもおすすめ♪

1円銀貨の価値

1円銀貨とは

1円銀貨とは、明治3年(1870年)に発行された貿易用の貨幣で主に中国との交易に使用されていました。明治11年(1878年)になると、貿易専用貨幣から国内流通も可能な銀貨となり国内でも流通していました。やがて、明治30年(1897年)になると金本位制に移行する貨幣法の影響で1円銀貨は通用停止となりますが、台湾や朝鮮で多くの1円銀貨が流通していたことですぐには停止とできず、丸銀打(丸銀の極印を打つ)を国外のみ使用可能とすることで対応していました。やがて、丸銀打の1円銀貨の使用も停止となり、現在は旧1円銀貨と新1円銀貨、そして丸銀打がついている1円銀貨が残っています。

旧1円銀貨は貿易で受け取られた際、受領を意味する丸銀打が行われていました。この極印を埋めた修正品も現代に残っていますよ。

1円銀貨の価値

1円銀貨の中古美品価値がとても高いです。1円銀貨の価値は日本で発行された年代と大型か小型のサイズ、年代による図案の違いなど様々な要因で異なります。例えば、明治7年に発行された1円銀貨は、前期に発行された場合宝珠が左巻きで中期に発行された場合は宝珠が右巻きとなっています。他にも発行時期の違いで直径が異なったり、大型と小型で書体が異なったりなど価値の細かさは文字通り素人目に判断しきれません。手元にある1円銀貨の価値を知りたいなら古銭買取の專門の鑑定知識と査定経験を有した目利き高い古銭屋に的確な価値をつけてもらいましょう!

1円銀貨の買取相場

1円銀貨の買取相場は以下の通りです。1円銀貨の買取相場は中古美品価値を基準としています。古銭コレクターの人気と希少価値にも買取価格は影響を受けるので、相場はあくまでも参考に、実際にプロ査定員に鑑定してもらうことをおすすめします。

旧1円銀貨 5,000円~1万円
新1円銀貨(大型) 3万円~10万円
新1円銀貨(小型) 1,000円から5,000円
新1円銀貨(大型)丸銀打 左打 1万円~3万円
右打 3万円~4万円
新1円銀貨(小型)丸銀打 左打 1,000円~2,000円
右打 3,000円~5,000円
丸銀打の1円銀貨は、左打より右打の方が現存枚数が少ないため高い価値がついています。

1円銀貨を高額査定してくれる古銭屋は?

古銭査定の様子
1円銀貨の価値と買取相場を確認したら、あなたの手元にある1円銀貨にどれほどの価値がつくのか気になりますよね。1円銀貨の買取を依頼するなら、人気芸能人を起用したテレビCMでお馴染みのバイセルをおすすめします。バイセルは、日本全国を対象に古銭の出張買取を行っていて、電話一本で査定を依頼するだけで最短30分という早さで査定員が自宅に無料出張してくれるので手間がかかりません。古銭買取に関して月間約4,000件の問い合わせをうけるバイセルは、高い目利きの評判が非常に高く、古い紙幣や貨幣を買取してもらいたい人におすすめです。手数料など買取に関わる費用は一切請求されないのであなたの売りたい1円銀貨に手間なく査定額をつけてもらいましょう!

まずは無料で相談してみる

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。1円銀貨の価値と買取相場を紹介しました。1円銀貨の細かな価値は素人目にわかりません。価値のわからない貨幣や紙幣は、古銭買取に精通したバイセルに1点1点正確な価格で現金化してもらいましょう。思わぬ査定額に驚くかもしれません……。

バイセルの古銭買取に関する詳細は以下の記事をたった3分でチェック!

バイセルの古銭買取の査定方法と口コミ評判Q&Aを紹介しています。古銭買取に関する知識と鑑定力が業界トップレベルのバイセルは完全無料であなたの古銭を正確に査定してくれますよ。
スピード買取 買取プレミアム

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

ウガンダ共和国における生活から一転!貪欲ひたむきに、日々、買取市場のWin-Winな世界を実現するため尽力しています。目指せ全員幸福!日本では買取市場に精通した専門家。ウガンダではゴミ拾いなど公衆衛生活動を通した社会貢献を行う現地NPO法人を指揮しています。