寛永通宝の価値と買取相場はどれくらい?おすすめ古銭買取店

笑顔の女性

古銭買取を検討している人の中には、昔のお金の中でも穴銭を査定・買取してほしい人いますよね。穴銭として有名なのは、日本最初の貨幣である和同開珎や江戸時代から明治時代にかけて約240年間流通した寛永通宝が挙げられます。寛永通宝は長期的に使われた銭として鋳造地は全国にあり、大まかに古寛永と新寛永に分かれます。鋳造地毎に異なる製法や書体により何百種類と現存する寛永通宝の価値はどれくらいでしょうか。今回は、寛永通宝の価値と高額査定のおすすめ買取業者を紹介します。

寛永通宝の価値と買取相場はどれくらい?

寛永通宝
寛永通宝は高く売れます。
寛永通宝は現代では中々手に入らない貴重な古銭なので高額査定されやすい古銭として有名です。寛永通宝は、払い棒や跳ね方など書体の違い等で買取価格が大きく異なるのでプロにいますぐ査定をお願いして買取金額をつけてもらいましょう! 古銭買取おすすめランキング2018年決定版という記事で紹介している通り、月間20,000件の問合せ実績を誇るバイセルは古銭や古紙幣の買取実績が豊富なのでプロ査定員が寛永通宝を丁寧に査定してあなたが納得のいく買取金額をつけてくれますよ。下記のボタンを押して公式サイトをチェック!

まずは無料で相談してみる

どうせ古銭に価値はつかないと思っていませんか。古銭の収集家が減少している事は事実ですが、日本の古銭に価値を見出す人は世界にも多いです。特に東京オリンピックが迫る昨今、世界中の古銭コレクターが日本の古銭に注目しているので高く売るならいましかないですよ。

古寛永の買取相場一覧

古寛永銭と新寛永銭のカタログ価格を参考に、当サイト独自に超リアルな買取相場を計算しています。寛永通宝を査定・買取に出す前に買取相場をいますぐチェックしましょう!

二水永(水戸) 2,000円から4,000円
芝銭 50円から100円
浅草銭 150円から300円
坂本銭 150円から300円
水戸銭 50円から100円
仙台銭 60円から120円
吉田銭 50円から100円
松本銭 50円から100円
高田銭 50円から100円
岡山銭(寛永14年) 50円から100円
長門銭 150円から300円
竹田銭 100円から200円
岡山銭(寛永16年) 50円から100円
健仁寺銭 50円から100円
沓谷銭 50円から100円
鳥超銭 50円から100円

新寛永の買取相場一覧

鳥屋文 母銭 10万円
通用銭 3万円から6万円
鳥屋文(背なし) 母銭 5万円
通用銭 3,500円から7,000円
正字文 母銭 5,000円から1万円
通用銭 15円から30円
正字入文 母銭 1万5,000円から3万円
通用銭 200円から400円
退点文 母銭 1万8,000円
通用銭 300円
鳥屋文(背なし) 母銭 10万円
通用銭 3万円から6万円
荻原銭 母銭 4,000円
通用銭 40円から80円
四ツ宝銭(広永) 母銭 3,500円
通用銭 20円から40円
四ツ宝銭(座寛) 母銭 5,000円
通用銭 50円から100円
耳白銭 母銭 5,500円
通用銭 50円から100円
丸屋銭 母銭 5,500円
通用銭 40円から80円
日光御用銭 母銭 2万5,000円
通用銭 500円
正徳期(背佐) 母銭 1万5,000円
通用銭 100円から200円
享保期(背広佐) 母銭 3万5,000円
通用銭 100円から200円
広穿背佐 母銭 8,000円
通用銭 200円から400円
折二様 母銭 1万5,000円
通用銭 8,000円
京都七條銭 母銭 2,500円
通用銭 20円から40円
蛇ノ目 母銭 3万円
通用銭 3,500円
伏見手 母銭 2万5,000円
通用銭 1,500円
重揮通背仙(石ノ巻) 母銭 1万3,000円
通用銭 900円から1,800円
重揮通無背(石ノ巻) 母銭 7,000円
通用銭 50円から100円
大阪難波銭 母銭 4,500円
通用銭 50円から100円
大阪難波銭(額輪) 母銭 5,000円
通用銭 600円から1,200円
猿江銭(正字) 母銭 3,000円
通用銭 40円から80円
背十 母銭 6,000円
通用銭 6,000円
輪十錆込 母銭 5,000円
通用銭 200円から400円
虎の尾寛小字 母銭 4,000円
通用銭 50円から100円
含二水永 母銭 5,000円
通用銭 100円から200円
輪十後打 母銭 5,000円
通用銭 150円から200円
狭穿大字 母銭 4,500円
通用銭 150円から300円
広穿円チャク 母銭 8,000円
通用銭 100円から200円
狭穿背小 母銭 9,000円
通用銭 100円から200円
広穿背小 母銭 1万3,000円
通用銭 300円から600円
小梅手仰寛 母銭 9,000円
通用銭 80円から160円
小梅手広穿 母銭 2万3,000円
通用銭 200円から400円
日光正字 母銭 5万円
通用銭 100円から200円
亀戸大字 母銭 3,000円
通用銭 30円から60円
秋田大字 母銭 1万円
通用銭 30円から60円
秋田小字 母銭 4万5,000円
通用銭 200円から400円
細字 母銭 2,500円
通用銭 30円から60円
白目中字 母銭 2万5,000円
通用銭 700円1,400円
白目小字 母銭 5万5,000円
通用銭 1,000円から2,000円
平野秋田十万坪手 母銭 3,500円
通用銭 20円から40円
押上大字 母銭 2,500円
通用銭 500円から1,000円
押上小字 母銭 2,800円
通用銭 1,200円
大字背千 母銭 5,000円
通用銭 100円から200円
尖り千 母銭 7,000円
通用銭 20円から40円
縮字 母銭 3,500円
通用銭 20円から40円
異永 母銭 6,000円
通用銭 200円から400円
低寛背一 母銭 3万円
通用銭 1,200円
低寛無背 母銭 2万円
通用銭 600円から1,200円
錆込丸一大貝宝 母銭 1万8,000円
通用銭 350円から700円
背川(小名木川) 母銭 3万5,000円
通用銭 3万5,000円
輪筋違川 母銭 1万3,000円
通用銭 400円から800円
輪並川 母銭 3万3,000円
通用銭 500円
延尾永 母銭 7,000円
通用銭 80円から160円
短通 母銭 7,000円
通用銭 50円から100円
繊字 母銭 1万円
通用銭 350円から700円
虎ノ尾寛(和歌山) 母銭 3,000円
通用銭 400円から800円
内跳寛縮永 母銭 2,000円
通用銭 60円から120円
細字背元 母銭 2,000円
通用銭 30円から60円
大字背足 母銭 7,000円
通用銭 70円から140円
亀戸大様 母銭 2万5,000円
通用銭 400円から800円
亀戸大様降通 母銭 3万円
通用銭 400円から800円
亀戸小様 母銭 2,000円
通用銭 20円から40円
背長 母銭 8,500円
通用銭 100円から200円
大字玉点宝 母銭 6,000円
通用銭 600円から1,200円
平永 母銭 1,500円から3,000円
通用銭 20円から40円
四年銭小様 母銭 7,000円
通用銭 50円から100円
小字背久 母銭 3,000円
通用銭 150円から300円
背久二 母銭 2,500円
通用銭 30円から60円
背久二爪寛 母銭 2,500円
通用銭 50円から100円
十字寛 母銭 2万円
通用銭 200円から400円
狭穿背卜 母銭 2万円
通用銭 50円から100円
小菅薄肉 母銭 1,500円
通用銭 15円から30円
長尾寛(21波) 母銭 4万円
通用銭 2,800円
短尾寛(21波) 母銭 2万5,000円
通用銭 50円から100円
正字(11波) 母銭 1万3,000円
通用銭 300円から600円
削頭千 母銭 5,000円
通用銭 100円から200円
仰宝 母銭 2,000円
通用銭 40円から80円
背盛 母銭 3,500円
通用銭 200円から400円
仰宝米字刻印 母銭 7,000円
通用銭 なし
太ノ 母銭 1万5,000円
通用銭 600円から1,200円
細ノ 母銭 7,000円
通用銭 250円から500円
狭波背イ 母銭 4万円
通用銭 250円から500円
濶字背ト 母銭 5万円
通用銭 350円から700円
秋田踏潰濶永 母銭 5万円
通用銭 1,000円
古寛永として最古の寛永通宝である「二水永」や新寛永初期の鳥屋文など希少価値の高い古銭は高額査定されやすいので、寛永通宝の正確な価値を目利き高い専門家に査定してもらいましょう!

寛永通宝を売るならバイセル

古銭査定の様子
寛永通宝の価値を鑑定してもらうならバイセルがおすすめです。バイセルは、全国に約200人の査定員を配置して古銭買取を行うネット買取業者です。インターネットで利用者を集めて、古銭買取の出張査定を強みとしているため、リサイクルショップやコインショップ等店舗運営に関わる運営費や人件費など無駄なコストを削減してその分古銭の買取価格をアップしてくれます。削減した費用は、買取価格アップだけでなく査定員の目利き向上研修にも当てられていて、月間約4,000件の古銭査定に関する問い合わせを受けているので古銭買取に関する社会的信用と確かな目利きが期待できますよ。寛永通宝は書体の違いで価格が変わるので目利きの高い査定員に古銭1点1点の価値を査定してもらいましょう!

まずは無料で相談してみる

古銭買取に関する出張料、査定料、手数料、キャンセル料など他店に請求されやすい利用者負担は完全無料なので安心です。

古寛永と新寛永の違いをおさらい

寛永通寶の砂絵

古寛永

古寛永は寛永3年から寛文8年まで42年間、芝・浅草・坂本・水戸・仙台・吉田・松本・高田・岡山・萩・竹田・建仁寺・沓谷・鳥越など全国各地で鋳造された寛永銭の総称です。古寛永を見分ける際の特徴は「寶」の字の貝の下部分が「ス」になっています。

新寛永

新寛永は寛文8年以降に鋳造された銭で幕府の直轄として江戸亀戸村で鋳造されていました。背に波模様のある新寛永を四文、その他『文』『佐』『仙』『十』『小』『千』『一』『川』『元』『足』『長』『久』『ト』『盛』『ノ』が刻印されている新寛永を一文として鋳造されました。新寛永は古寛永と比較すると寛永通寶の「寶」の字の貝の下の部分が「ハ」の字になっています。

徳川時代の銭貨は、年号が刻印されず天保通宝、宝永通宝、文久永宝以外はすべて寛永通宝の銭名で鋳造されていました。

穴銭は母銭と通用銭の二つ

穴銭は母銭と通用銭の二つに分けられます。母銭とは、寛永通宝の鋳造時に使われる元で、通用銭とは名前の通り市場で通用している(出回っている)寛永通宝を意味します。通用銭とは材質と製法が異なる母銭は、通用銭と比較すると市場に出回る数が少ないため、希少価値が高く、通用銭より買い取り価格が高いです。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。寛永通宝の価値と高額査定のおすすめ買取業者を紹介しました。寛永通宝と言えば、時代劇で「てぇへんだ、てぇへんだ」という決め台詞が有名な銭形平次が投げる銭として知られ、香川県観音寺市では長寿と金運アップが期待される銭形砂絵の題材となっていますよね。お家に眠る寛永通宝が手元にある人は、2020年の東京オリンピック招致活動等の影響で日本の古い硬貨や紙幣が注目されている「今」の機会に査定・買取に出して高額査定してもらいましょう! 臨時収入を手に、大切な人と素敵な時間を過ごしてきてくださいね。

スピード買取 買取プレミアム

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

ウガンダ共和国における生活から一転!貪欲ひたむきに、日々、買取市場のWin-Winな世界を実現するため尽力しています。目指せ全員幸福!日本では買取市場に精通した専門家。ウガンダではゴミ拾いなど公衆衛生活動を通した社会貢献を行う現地NPO法人を指揮しています。