切手の値段が決まる3つの理由と口コミおすすめ買取業者

少年

2017年6月1日に切手の値段は値上がりしました。年賀状と封書を除き、切手とはがきの値上がりの理由には、人件費や配達コストなど日本郵便の経済状況悪化が事実としてあります。普通切手は実用的に使われる事を目的としているので仕方のないことでしょう。一方、切手をこよなく愛する切手コレクターが収集するプレミア切手の値段が決まる理由を知っていますか?プレミア切手は古ければ古いほど高いとは限りません。今回は、切手の値段が決まる3つの理由と口コミおすすめ買取業者を紹介します。

※全国対応・即日対応の出張買取サービスは、季節事情または一部地域で出張が難しい場合があります。24時間受付のコールセンターまでご相談ください。

切手の値段が決まる3つの理由

切手の値段が決まる3つの理由を紹介します。対象となる切手は、普通切手と違い額面以上の価値が認められるプレミア切手です。

人気と流行

人気と流行は、切手の値段を決める大事な理由の一つです。一般的に1955年以前の明治・大正時代に発行日を迎えた切手の値段は高いと考えられていますが、その中でも時代に沿った人気と流行があります。切手収集家どうしの切手取引で用いられる切手カタログの値段は時代の人気や流行による市場価値の変化を考慮していないため記載価格には注意が必要です。明治・大正時代に発行された切手を持っていて高い値段がつくことを期待していても、人気や流行に沿わず普通切手として額面の何%という形で買取されるケースもあるのでまずは切手買取に専門的な知識がある業者に査定を依頼しましょう。

保存状態

保存状態は、切手の値段を決める上で非常に重要です。切手の販売市場では、極美品の切手と普通品の切手で分けられています。切手コレクターの人達が、バラ切手を1枚1枚大切にピンセットでストックブックに保管したり、切手シートをシートホルダーに保管して湿気対策を行っている場合は、シミ汚れや折れ、破れが目立たず、高い値段がつきやすいです。しかし、バラバラに保管される大量の切手は糊が剥がれてしまったりインクが霞んでしまったりと保管状態の悪さゆえに、プレミア登録されている切手でも高い値段がつかない場合があるので注意してください。

希少価値

希少価値が高い切手には高い値段がついて取引されています。希少価値の高い切手は、一定期間しか発行されない記念切手(見返り美人や月に雁など)や印字ミス(ブルー・モーリシャスなど)など思いがけない要因で発行されるエラー切手に多いです。世界でたった1枚しか存在しないとされる1856年にアメリカ・ギアナで発行された1セント切手は10億円相当の値段がつく高級切手として知られています。

ここまで切手の値段が決まる3つの理由を紹介しましたが、あなたの切手の本来の価値は素人目にわかりません。まずは、切手の価値判断に定評ある切手買取専門業者にあなたの切手の査定額をつけてもらいましょう!

口コミおすすめ買取業者

口コミおすすめ買取業者はテレビCMで全国的に人気のバイセルです。バイセルは、金券ショップやリサイクルショップと違い、無店舗経営で切手査定の専門家を全国に常駐する買取業者です。出張査定の対象地域は、離島や被災地を除く全国で、申込から最短即日という早さで自宅に無料出張してくれるスピーディーさが手間がかからず嬉しいと口コミされています。さらに、バイセルは日本国内に限らず世界中の切手コレクターへの販売経路も豊富なので世界的な切手の市場価格であなたの切手に値段をつけてくれますよ。バイセルに切手の査定額をつけてもらうのにかかる費用は嬉しい完全無料なのであなたが損をすることはありません。切手の値段を知りたい方はいますぐバイセルに電話申込しましょう!

まずは無料で相談してみる

バイセルは、自宅へ無料出張する際、社名の入らない普通車で訪問してくれるので近所に気づかれる必要がなく安心です。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。切手の値段が決まる3つの理由と口コミおすすめ買取業者を紹介しました。切手は世界中に50万枚以上あると言われており、現代でも毎年世界では1万枚以上が発行されています。切手ブームが去ったと言われる今も切手を愛する切手コレクターは存在しますよ。お家で行き場のない大量の切手は、確かな値段で買取してもらい、バイセルを通して世界中の切手収集家にあなたの切手をプレゼントしてあげましょう! 

スピード買取 切手買取ランキング

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!