浅草の切手買取を比較!高額査定の口コミおすすめ買取業者

浅草雷門

今回は浅草の切手買取を比較をして、高額査定の口コミおすすめ買取業者を紹介します! 切手ブームが起きた1960年〜1980年頃には、子供から大人までたくさんの人が切手収集をしましたよね。ピンセットを使って丁寧にファイリングしたストックブックには、たくさんの切手たちが収められていたのではないでしょうか。中には投機を狙って切手を集める人もいたそうで、価値の高いものには驚くほどの高値が付いたというのも珍しい話ではありません。さて、そんな大切に集めていた価値のある切手ですが、いつ売ろうかと悩んでいる間にタイミングを逃してしまって、お困りではないですか? 浅草で切手を売りたい場合はどの方法が良いのか、おすすめの買取業者も合わせて紹介したいと思います!

記事の目次チェックもおすすめ♪

浅草で切手買取を行っている店舗

浅草で切手買取を行っている店舗はどこなのでしょうか。浅草といえば、浅草寺という日本の伝統的な面はもちろんのこと、世界一高い電波塔のスカイツリーといった近代的な面が交差する東京の代表的なスポットですよね。今に始まったことではないですが、外国人観光客も多く訪れるわけです。そんな浅草なら切手買取を行っている店舗も多いのではないかと思いますよね? さっそく見ていきましょう。

GoogleMapsで「切手買取 浅草」と調べてみると、「大黒屋」や「ゴールドプラザ」など金券ショップやリサイクルショップが5件見つかりました。筆者としては、伝統的なお店が立ち並ぶ浅草に老舗の切手買取専門店があるかもと期待していましたが、結果は金券ショップやリサイクルショップでした。あぁやっぱり金券ショップなのねと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、高価買取を諦めるのは早いですよ。当サイトおすすめの買取業者を紹介しますので、金券ショップとの比較をしてみましょう!

金券ショップ

切手買取を検討している人は、金券ショップに売りたい切手を持ち運ぶことを考えた人は多いですよね。金券ショップは新幹線の乗車券やギフト券以外にもニッチな金券も取扱いしているかつ、浅草には複数店舗あるので簡単に切手買取を済ませようかと思っているならちょっと待って下さい! 金券ショップで切手を売る際には注意が必要です。それは金券ショップの場合、買取対象の切手は普通切手や記念切手など通常切手として郵便に使う切手に限られます。つまり、あなたの切手に高いプレミア価値がついたとしても、通常切手と同様の手段で買取レートを用いて額面の何%という形で買取価格が決まります。高価買取を期待できる切手を数十円で買取してもらうのはもったいないので、価値がつくかわからない場合は当サイトおすすめの切手買取專門店に1枚1枚丁寧に査定してもらいましょう!

おすすめ買取業者

当サイトのおすすめ買取業者は、手間のかからない買取査定に定評のあるバイセルです! バイセルの最大の強みは高価買取です。金券ショップで切手を売ろうとした場合、切手を額面以上の価格で売りたいという利用者と額面以下の価格で買取を行う金券ショップの間にはギャップがあります。しかし、バイセルなら無店舗経営で、無駄な人件費や土地代を削減し、査定員の目利き向上、さらに買取価格アップを実現してくれますよ。さらに、シミや擦れなどの汚れはもちろん、保管時の湿気の影響でヨレている切手も喜んで査定してもらえるのも嬉しい特徴です。全国に常駐する切手専門の査定員が、最短30分という早さで自宅まで無料で出張査定をしてくれるので仕事や家事に忙しい人でも週末等好きな時間を使って切手買取を依頼できますよ! 手間いらずで嬉しいですよね! さらなる詳細は以下の記事をチェック!

バイセルで切手買取を依頼する方法とよくある口コミ評判をQ&A形式で紹介しています。売りたい切手の買取を検討している人は、自宅まで最短30分で無料出張してくれて手間のかからないバイセルの特徴をいますぐチェック! お家に余る郵便切手や譲り受けた切手コレクションを高価買取してほしい人は必見です。

まとめ

いかがだったでしょうか。浅草で切手買取を検討している人は、金券ショップで額面査定してもらうのではなく、バイセルの目利き高い査定員に切手を1枚1枚査定してもらうことをおすすめします。切手ブームが過ぎてしまった現在では、買取価格が下落する未来が近いです。切手を少しでも高く売ろうと考えている方は、買取価格が暴落する前に早めに相談してみてくださいね!

まずは無料で相談してみる

スピード買取 切手買取ランキング

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

小さい頃から水泳・バスケボール・器械体操を習い、大学時代には4年間で30ヶ国を周るなど、新しいものや刺激のあるものを求め「常に動いていたい」性分です。今ではインターネットの魅力に引き込まれ、新しいテクノロジーやサービスに毎日ワクワクの連続。そんな世界で少しでも価値あるものを生み出せるよう、これからも常に動いていきます!