プレミア切手の見返り美人の買取相場とおすすめ切手買取方法

振り返る美人

かつて日本の一大ブームだった「切手収集」。なかでも希少価値が高く、人気なものでは万単位の値段が付くなど、当時の人々やコレクターの間ではプレミア切手が話題となりました。そしてそんなプレミアム切手の中でも1位2位を争うほどの人気ぶり、そして高額な切手として「見返り美人」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回はそんな歴代トップクラスのプレミア切手「見返り美人」について紹介します!

見返り美人切手の特徴と買取相場

見返り美人シート
もはや説明の必要がないほど有名な作品ですが、この「見返り美人」は江戸時代初期に活躍していた浮世絵師の菱川師宣によるもので、海外でも大人気の作品の一つです。1947年から特殊切手の発行が開始される日本郵趣協会による切手趣味週間の第二号で、その人気ぶりからは、数ある特殊切手の中でも代表作と言われています。当時は切手の絵柄に浮世絵を使うことが大変珍しかった上に、その切手の大きさが話題だったそうです。その大きさなんと、縦67mm × 横30mm! って言われてもイメージわかない方が大半でしょう。私たちが普段使っているような、いわゆる普通の切手がだいたい縦45mm × 横35mmということを考えるとかなり大きい切手であることが分かります。見返り美人に対する意気込みや、それに驚いた人々の表情が伺えますね。見返り美人切手の買取相場を下記でチェックしていきましょう!

見返り美人切手の買取相場

見返り美人切手の買取相場を見ていきましょう! 結論から言うと、見返り美人の買取相場は高いです。さすがはプレミア切手の代名詞の一つ、「見返り美人」が切手という作品自体の人気はもちろんですが、当時には珍しかった切手の絵柄に浮世絵を持ってくるだけでなく、その大きさで多くの切手収集家やコレクターあっと言わせました。さらに、発行枚数が150万枚という少なさで切手コレクターからの人気を加味すると希少価値が非常に高いため、高額査定されやすいです。見返り美人切手はバラ切手で1枚3,000円、シート切手で15,000円が買取相場となっているので、お家に眠らせているなら査定に出して高価買取してもらう事をおすすめします。

翌年1949年の切手趣味週間には「月に雁」がデザインされた記念切手が発売されましたが、「月に雁」の発行枚数は200万枚と少ないので、見返り美人と月に雁は高額査定されやすい記念切手の2トップと言えます。

見返り美人切手を売るなら外出の手間なし

バイセルの査定員
見返り美人切手を売る時は、金券ショップやリサイクルショップ、切手屋など店鋪ではなく、バイセルのようなネット宅配買取サービスを利用して査定金額をつけてもらいましょう。バイセルは、月間約3,000件以上の切手査定を行う大手の買取業者として知名度が高く、電話1本で申し込みすると最短30分という早さで査定員が自宅まで無料出張してくれるため手間がかからず便利と好評です。査定料や手数料無料で、値段に気に入らなければ売らなくても問題ないですし、その際のキャンセル料ももちろん掛かりません。まずは気軽に無料相談をしてみる事をおすすめします。

まずは無料で相談してみる

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。プレミア切手として有名な記念切手「見返り美人」の買取相場とおすすめ買取サービスを紹介しました。見返り美人切手の価値が暴落する事はないの?という記事で紹介している通り、切手ブームは衰退し、プレミア切手の買取価格は年々下がっています。しかし、心配することはありません。いますぐ切手買取業者に見返り美人切手を売れば、額面以上の価値がつく事はもちろん、高額査定される事間違いありません。両親や祖父母が昔集めた切手が眠っていれば、中に「見返り美人」のようなプレミアム切手が埋まっているかもしれません。バイセルを利用すれば、事前に売りたい切手を普通切手や記念切手毎に仕分けする必要ないのでいますぐ査定員に無料出張してもらい、買取金額をつけてもらいましょう!

スピード買取 切手買取ランキング

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

小さい頃から水泳・バスケボール・器械体操を習い、大学時代には4年間で30ヶ国を周るなど、新しいものや刺激のあるものを求め「常に動いていたい」性分です。今ではインターネットの魅力に引き込まれ、新しいテクノロジーやサービスに毎日ワクワクの連続。そんな世界で少しでも価値あるものを生み出せるよう、これからも常に動いていきます!