国立公園切手の買取相場とおすすめ買取業者

富士山

今回は国立公園切手の買取相場とおすすめ買取業者を紹介します! 1960年から1970年頃に日本で大ブームとなった切手収集ですが、夢中になって集めいていた方や、両親や祖父母から話を聞いたこともある方も多いのではないでしょうか? 最近では切手を使う人をはじめ、以前のような高額で取引をされることも減ってきてしまったと言われますが、まだまだ価値の高い切手は多くあります。高く買い取ってもらえる業者も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

国立公園切手とは

国立公園切手とは日本の特殊切手の中でも人気のシリーズで、大きくは「第一次国立公園切手」と「第二次国立公園切手」の2つに分類できます。第一次国立公園切手が発行されたのは1936年から1956年で、第二次世界大戦中は発行が停止していたものの、戦前から戦後にかけて数多くの国立公園切手が存在します。当時の切手は、日の丸や歴史上の偉人などが図案に使われることが多かったなかで、国立公園切手のように様々な地域の風景が採用されたことは画期的でした。一番最初に発行されたものは「富士箱根」で、様々な角度から見た美しい富士山が描かれています。横長の切手で全部で4種類あります。第二次国立公園切手は1962年から1974年に発行されており、第一次に比べると値段は下がりますが、第一次国立公園切手にはなかった風景や、アメリカから変換された沖縄の西表があるなど、当時の歴史的な背景も読み取れる人気の切手でもあります。

国立公園切手の買取相場

国立公園切手の買取相場は第一次国立公園切手と第二次国立公園切手とで違いますが、一般的には第一次国立公園切手の方が高いです。種類や切手の状態にもよりますが、筆者が調べた限りではバラで数百円から小型シートで1万円前後でした。国立公園切手は種類が多いため、持っている切手が国立公園切手なのか、他のプレミア切手なのか、素人では判断が難しい場合がありますよね。また、多少の傷やよごれ、シミが付いてしまっている場合は買取をしてもらえるのか不安になるのが当然です。保存状態によっては、買取価格が下落しますが、どのような状態でも喜んで買取査定してくれるおすすめ切手買取專門業者を紹介するので安心してくださいね。

記事始めの目次に戻る

おすすめ買取業者

おすすめ買取業者は、バイセルです! 「早く、高く、出張買取」というスローガンを掲げて高価買取を特徴とした切手買取業者として利用者の口コミで高い評価を得ているので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。有名芸能人をCMに起用したり、最近ではK-1のリングにスポンサーにもなっています! さすが日本の大手買取業者、大きな経済力を感じますね(笑)。具体的におすすめポイントであるバイセルの強みを見ていきましょう!

バイセルの具体的な強みとは?

  • 嬉しい高価買取
  • スピーディ−な出張査定
  • 査定料・手数料・キャンセル料など完全無料

バイセルの強みは何と言っても高価買取です。その秘密は、インターネットを活用した無店舗経営にあります。実店舗を持つと利用者が来ないのに人件費がかかったり、土地代がかかったりするということはイメージしやすいかと思いますが、無店舗ならこういった無駄な支出を抑えられます。その結果、高い買取価格を強みとして、「他店より1円でも安ければ全品返却」というスローガンで買取対応しているほどの自信をもっていますよ。あなたの国立公園切手も高価買取してもらえる可能性が十分にありますよ! バイセルの強みは他にも、最短30分で自宅訪問してくれる出張買取サービスや買取に関わる費用が完全無料というサービスなど様々なおすすめポイントがあるので、さらなる詳細が気になる方は以下の記事も合わせてチェックしてみてください。これを読めばあなたももうバイセルの虜です! ほんとうに!

バイセルで切手買取を依頼する方法とよくある口コミ評判をQ&A形式で紹介しています。売りたい切手の買取を検討している人は、自宅まで最短30分で無料出張してくれて手間のかからないバイセルの特徴をいますぐチェック! お家に余る郵便切手や譲り受けた切手コレクションを高価買取してほしい人は必見です。

まとめ

いかがだったでしょうか。国立公園切手は戦前から発行されている人気のプレミア切手です。ご自宅に眠らせているのはもったいないので、ぜひ切手買取專門の査定員に鑑定してもらいましょう。切手をむかしは収集していたけど売却を検討している方や、両親や祖父母からもらったけど自分では使わないから売ってしまおうという方も、まずは当サイトで自身をもっておすすめしているバイセルで無料相談してみてください!

まずは無料で相談してみる

スピード買取 切手買取ランキング

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

小さい頃から水泳・バスケボール・器械体操を習い、大学時代には4年間で30ヶ国を周るなど、新しいものや刺激のあるものを求め「常に動いていたい」性分です。今ではインターネットの魅力に引き込まれ、新しいテクノロジーやサービスに毎日ワクワクの連続。そんな世界で少しでも価値あるものを生み出せるよう、これからも常に動いていきます!