富山県の切手買取店を比較!高価買取のおすすめ買取業者

チューリップ畑

富山県の切手買取店を比較して、高価買取のおすすめ買取業者について紹介します。

切手収集を引退する切手コレクターの方をはじめ、切手コレクターに譲られた切手の価値がわからない人など、切手買取を申込する理由は人それぞれですよね。

切手買取を申込みする理由は違っても、切手買取の実績豊富なプロ査定員に鑑定してもらえば損せず切手を高く売る事ができます。

黒部ダムや魚津水族館、ほたるいかミュージアムが有名な富山県で切手を売るなら、切手買取店を比較して手間なく高額査定してもらえるお店に切手を査定してもらいましょう!

富山県の切手買取店を比較!切手買取はどこがいい?

富山県の切手買取しているお店は、富山駅から徒歩と電車で15分ほど行った不二越駅を中心に数店鋪あります。

不二越駅の南に位置する「ザ・ゴールド東富山店」「ネオスタンダード富山店」「おたからや富山二口店」は総合的な買取専門店としてプレミア切手の買取も行っていますよ。

さらに、不二越駅から県道6号を南東に20分ほど歩くと「富山切手買取センター」という買取店が切手買取を行っているので、下記で特徴をウォッチしてみましょう!

富山切手買取センターの切手査定はおすすめ?

富山切手買取りセンター
富山県で切手買取なら富山切手買取センターに検討の余地ありです。

富山切手買取センターは、切手の他にブランド品や貴金属の買取も行っている総合買取店として複数商品を買取しています。

普通切手や記念切手など郵便に使用される切手は、額面金額の60%から80%の値段で買取されていますよ。

東京や名古屋、大阪など人口が多く郵便切手の需要が高い地域の金券ショップと買取率を比較すると、買取率があまり高いとは言えません。

しかし、金券ショップやリサイクルショップと違い、額面以上の価値がつくプレミア切手の高価買取も行っているので切手を売りたい人の需要に広く応えていると言えます。

下記の住所に近い人は気軽に店頭へ足を運んでみてくださいね。

店舗名 富山切手買取りセンター
住所 富山県富山市天正寺459−7
電話番号 076-461-6625
耳紙が敗れたシート切手も買取可能ですが、シートから切り離された切手はバラ切手の買取率が適用されます。額面に汚れやヤケの目立つバラ切手は買取してもらえないので注意してくださいね。

富山県で切手買取ならバイセル

バイセルの査定員
富山県で切手買取ならバイセルの出張査定がおすすめです。

バイセルは月間20,000件の問合せに応じて切手買取を全国で行っています。日本トップクラスの買取実績を元に切手1枚1枚を丁寧に査定してもらえるので、あなたも出張査定を申込して目の前で丁寧に査定してもらう事をおすすめします! 下記のボタンを押して公式サイトから、さぁまずは無料相談!

あなたの売りたい切手にどれくらいの値段がつくのか、いよいよ明らかにしましょう!

まずは無料で相談してみる


[マル秘]切手買取の査定ポイントをプロ査定士に聞きました。バイセルの切手査定を申込みしようか迷っているならいますぐチェック!

月間約20,000件の問合せ実績を誇るバイセルに取材してきました。今回は、プロしか知らない切手の査定ポイントをココだけ特別にご提供いただいたので切手を売りたい人必見ですよ!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。富山県の切手買取店を比較して、高価買取のおすすめ買取業者について紹介しました。富山県で切手買取を検討している人は、場所や時間に関係なくあなたの自宅へ査定員が訪問してくれるバイセルに玄関先で納得のいく切手査定をお願いしませんか。どうせ売れない……と諦めたらそこで試合終了です。価値がつくかわからないけど、とりあえず査定してもらったら以外とお家に眠る切手に価値がつくかもしれません。まずは無料相談から! 
バイセルについてより詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてチェックしてみてください!

バイセルで切手買取を依頼する方法とよくある口コミ評判をQ&A形式で紹介しています。売りたい切手の買取を検討している人は、自宅まで最短30分で無料出張してくれて手間のかからないバイセルの特徴をいますぐチェック! お家に余る郵便切手や譲り受けた切手コレクションを高価買取してほしい人は必見です。
スピード買取 切手買取ランキング

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

小さい頃から水泳・バスケボール・器械体操を習い、大学時代には4年間で30ヶ国を周るなど、新しいものや刺激のあるものを求め「常に動いていたい」性分です。今ではインターネットの魅力に引き込まれ、新しいテクノロジーやサービスに毎日ワクワクの連続。そんな世界で少しでも価値あるものを生み出せるよう、これからも常に動いていきます!