プレミア切手のビードロを吹く娘の買取相場とおすすめの処分方法

ピードロを吹く娘

今回はプレミア切手「ビードロを吹く娘」の買取相場とおすすめの処分方法を紹介します!1960年〜1970年に起きた切手ブームですが、この記事をご覧の方は知ってる人も多いかもしれません。正直、筆者は切手ブームを知らなかったのですが、両親や祖父母に聞いてみると、当時の人気ぶりは凄かったようで、筆者は小学生の頃に夢中で遊戯王カードやデュエルマスターズをやっていたことを思い出しました(笑) そこで今回は、そんな切手ブームの際に人気となった作品として有名な「ビードロを吹く娘」について詳しく紹介していきたいと思います!

※全国対応・即日対応の出張買取サービスは、季節事情または一部地域で出張が難しい場合があります。24時間受付のコールセンターまでご相談ください。

記事の目次チェックもおすすめ♪

ビードロを吹く娘

「ビードロを吹く娘」とは、江戸時代に活躍した浮世絵師の喜多川歌麿の作品の一つで、1955年に日本郵趣協会が発行する切手趣味週間の第5号として切手になりました。別名「ポッピンを吹く女」とも呼ばれ、繊細なタッチで描かれた美しい女性がガラス玩具であるポッピン(ビードロ)を吹いている様子から名付けられました。実は切手にも別名があり、その名も「ビードロ切手」だそうです。はい、良い具合の言いやすさですね。では、そんな「ビードロ切手」は一体いくらぐらいの買取相場なのでしょうか?

ビードロを吹く娘の買取相場

買取相場はシミや汚れ、傷の有無によって値段はもちろん左右されます。また、切手ならではの保存状態として、「バラ」と「シート」というものがあります。バラとは切手が一枚一枚バラの状態で、それが複数枚(ビードロ切手の場合は10枚)で一組みにまとまっているものがシートとなります。その中で、筆者が調べたビードロを吹く娘の買取相場はシート切手の状態で数千円〜1万円前後が多いように感じました。当時との物価の違いはありますが、10円切手が数千円〜1万円前後というのはかなり良いお値段がするみたいですね!

買取相場は切手の状態や枚数、種類などで大きく変動していきます。まず一度切手買取業者で査定してみることをおすすめします。

切手買取を行なっている店舗

ここでみなさんも気になり始めるかもしれませんが、切手を売りたいと思っている人は一体どこに持って行けばいいのでしょうか? 近所の金券ショップやオークションでも簡単に売ることはできますが、納得のいくような金額になるとは言いにくいでしょう。結論から言うと、切手の知識を持った査定員を有している切手買取業者で買い取ってもらうことを強くおすすめします。そこで今回は高額な切手買取を行なっていることで人気の「バイセル」を簡単に紹介をします!

切手買取ならバイセル

バイセルは切手の高額買取が期待できる買取業者です。大手事業者なのでサービス信頼性の高さに定評があります。バイセルの特徴を簡単に説明すると、以下の3つとなります。

  • ①專門の目利きを活かした高価買取
  • ②最短即日で自宅訪問してくれる出張買取
  • ③査定料・手数料・キャンセル料など利用者負担は完全無料

手数料やキャンセル料が無料という時点で、利用者が損をすることが一切ないので査定だけしてもらう価値がありますが、他にも「どうして、高額査定や買取が可能なの?」「出張買取って?」など、詳細が気になる方は以下の記事を合わせてチェック!

バイセルで切手買取を依頼する方法とよくある口コミ評判をQ&A形式で紹介しています。売りたい切手の買取を検討している人は、自宅まで驚きの特急スピードで無料出張してくれて手間のかからないバイセルの特徴をいますぐチェック! お家に余る郵便切手や譲り受けた切手コレクションを高価買取してほしい人は必見です。

まとめ

いかがだったでしょうか。プレミア切手といえば他にも人気の切手もありますが、今回紹介したビードロを吹く娘も大変高いプレミア価値のつく切手です。切手ブームが過ぎ去ってしまった近年では、買取価格が下落し始めているので、買取を検討している方は、なるべくお早めに! 価値が暴落してしまう前にまずは切手専門の査定員に買取額をつけてもらいましょう!

まずは無料で相談してみる

スピード買取 切手買取ランキング

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!