ロンジン腕時計の買取価格を比較!どれくらい高く売れるの?

ストレッチする女性

世界的なスポーツイベントの公式時計の製造メーカーであるスイス発の高級ブランド腕時計の、ロンジン。ロンジンは天才アインシュタインが同社の懐中時計を愛用していたエピソードも有名ですよね。まさに文武両道の名が相応しい時計メーカーです。価格も比較的手を出しやすいランクですので、男女問わず日本では人気のメーカーです。動かない、壊れているなどの理由でロンジンの腕時計を売りたいと考えている人は、時計買取に出して新しい持ち主の元でどんどん使ってもらいましょう!そこで今回は、ロンジンの腕時計の買取相場を比較しておすすめ時計買取店を紹介していきます。ロンジン腕時計を売りたいと考えている方は最後まで読んでくださいね!

ロンジン腕時計の買取相場を比較

ロンジン腕時計の買取相場を比較していきます。ロンジンの腕時計を売りたくても、ロンジンの腕時計の相場を知らなければ買取業者を選びにくいですよね。時計買取店の数は全国に何百店舗も存在するので、時計の買取相場を知らずに買取業者を選ぶことは難しいです。そこで下記では、ロンジン腕時計の高額査定に定評がある出張買取業者バイセル、買取プレミアムと、関東や関西に店舗を構える銀蔵のロンジンの腕時計の買取相場を比較してみましょう。

バイセル 買取プレミアム 銀蔵
ロンジン時計の買取相場 30,000円〜200,000円 20,000円〜200,000円 5,000円〜150,000円

ロンジン腕時計の買取相場は、約10万円前後からと覚えておきましょう。ロンジンは、廃れないデザインと世界水準の技術を兼ね備えた世界的な時計メーカーです。ロンジンの腕時計をより高く業者に買取してもらうためには、新品かつ完品にできるだけ近い状態で売るのがポイントです。また、時計買取では、付属品がどれだけ揃っているか否かが買取金額にかなりの影響を与えるので、腕時計を売る場合は付属品を探して揃えておくことが重要です。逆に言うと、揃っていればいるほど高額査定が見込めるということです!

下記では、ロンジン腕時計を高額査定している時計買取店の特徴を見ていきましょう! 

ロンジン腕時計を高額買取してくれるおすすめ業者3選

ロンジン腕時計を高価買取してくれるおすすめ業者を3選で紹介します。

バイセルでロンジン腕時計を売る

バイセルの時計買取
バイセルは、ロンジン腕時計の買取に力を入れています。バイセルの出張査定を利用してロンジン腕時計を売る際は、電話1本で申し込みして最短約30分で査定員が自宅まで無料出張してくれるサービスがあります。査定料はもかかりませんし、納得いく査定ができればその場で買取が成立するのが魅力的です。高額買取してもらい、ワンランク上の腕時計をゲットするためにこの業者にお願いする方も多いです。ロンジンの腕時計をどこよりも安心して、そして高く売りたい人に特別おすすめです。緑のボタンから公式サイトをチェックしていきましょう!

まずは無料で相談してみる

買取プレミアムでロンジン腕時計を売る

買取プレミアムの時計買取
買取プレミアムの時計買取は、出張買取で時計1点から査定可能となっています。買取プレミアムの出張買取では、査定員を女性指定する事が可能です。女性のほうが話しをしやすいという方にはうってつけのシステムです。買取プレミアムは、完全自社育成のプロ査定士が時計買取にあたるので、大切な時計を不当に安い値段で買取される恐れはありません。加えて、対応の丁寧さにも定評があります。24時間365日電話またはメールで問い合わせができるので思い立ったらいますぐ時計買取の無料相談をしてみましょう!

まずは無料で相談してみる

銀蔵でのロンジン腕時計を売る

銀蔵
銀蔵は、ロンジンの腕時計買取を行っているベテラン時計買取店の1つです。銀蔵は、東京や大阪を中心に7店舗展開するブランド時計の販売・買取店として有名です。東京の中心、新宿に店舗を構えていますし、まずは気軽に持ち込んでみてはいかがですか。ロンジンの腕時計を売る際は箱、保証書、コマ、ギャランティーカードなどの付属品を揃えて持参しより高く買取金額をつけてもらいましょう!

まずは無料で相談する

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、ロンジン時計の買取相場を比較しておすすめ買取店を紹介しました。誰もが見たことのある印象的な砂時計と翼のロゴに惹かれ、例え新品でなくとも手を出したいと思っている方はたくさんいるばずです。使っていないものはこの機会に買取に出してみてはどうでしょう。ロンジンの腕時計を売る際は、まず付属品を揃え高額査定してもらえるようにしましょう!

スピード買取 買取プレミアム

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

静岡県掛川市出身。陸上競技歴は9年です。学生時代には20カ国ほどでのバックパッカー経験があります。ちなみに、先進国より新興国のほうが好きでした。大学卒業後はフリーランスとして活動していくために日々勉強です。目指せ世界大陸制覇!