喪服は買取してもらえるの?喪服の買取相場とおすすめ買取方法

綺麗な女性

訪問着や日常的に着用する紬と比較すると喪服はとても出番が少ないです。喪服は元々亡くなった方の遺族だけが着用する格式高い衣装でした。お悔やみの葬儀で喪主になった時だけ喪服着物を着用して、それ以外の時は黒無地ワンピース、スーツの正喪服で儀式を済ますという主義の方もいます。一昔前は厳格に用途が決まっていた喪服も価値観の多様化や女性の社会進出により「これでなければいけない」という装いは少なくなってきましたよね。そこで今回は、出番が少なくなりがちな喪服の買取について買取相場とおすすめ買取方法に関して紹介していきます。

※全国対応・即日対応の出張買取サービスは、季節事情または一部地域で出張が難しい場合があります。24時間受付のコールセンターまでご相談ください。

記事の目次チェックもおすすめ♪

喪服は買取してもらえるの?

喪服は買取してもらえます。
しかし、高額査定される着物と比較すると、人気は低く、希少価値は低く、新品ではなく中古であることがほとんどである喪服は高い買取金額を期待できません。この時、高額査定で買取してもらえないならもう少しタンスに保管しておこうと考える人もいますよね。しかし、その考えは捨ててください。喪服は、訪問着や振袖などよりも使用頻度が少ない上に着物の価値はどんどん下がり続けます。喪服は、保管時の湿気でシミ汚れや虫食いが起きないよう密閉された箱に収納したり、防虫対策が必要となってきます。喪服を自宅に保管するだけで、手間と時間がかかるので喪服を処分しようと思ったら今すぐ行動に起こすべきです!

喪服着物を自宅に保管する選択をするならレンタル喪服を活用してみてはいかがでしょうか。喪服着物をレンタルする機会は多くない上に常に新品状態の喪服で葬儀の場に出席できます。人は見た目が重要です。葬儀などの親族や関係者が集まる場ではあなたの服装や発言の品位で人柄が判断されやすいです。レンタル喪服なら常に新品状態の喪服を着ることができます。

喪服の買取相場

喪服の買取相場は、500円から2,000円です。なぜなら、喪服を着用する頻度が圧倒的に低いので購入ニーズを持つ人が少ないからです。また、黒一色のフォーマルな色合いの着物なのでリメイクやリユース着物としての流通も難易度が高くなるからです。喪服は喪服でも格式に違いがあり、準喪服や略喪服と比較すると正喪服の方が格が高いので高級着物になります。しかし、圧倒的に訪問着や振袖の方がニーズが高いのは事実なので、格式に関係なく高額査定されにくい着物です。

リサイクルショップや買取專門店など買取した着物を自店舗で販売している買取業者は、喪服の買取をしてくれない店舗が多いです。喪服を買取に出す際は、販売経路を豊富にもったネット買取業者に他の着物と一緒に買取してもらうことおすすめします。早速以下のおすすめ買取方法をチェック!

喪服買取のおすすめ方法

喪服買取のおすすめ方法は、買取実績豊富な着物買取業者の出張査定です。

出張査定でプロ査定員に自宅まで訪問してもらえば、目の前で喪服を査定して買取金額がつくポイントを説明してもらえるので買取金額に納得いきやすいですよ。

査定料や手数料など、喪服の査定にかかる料金は完全無料なので、売れるのか心配な喪服でも思い切って着物買取に出して査定金額をつけてもらう事をおすすめします!

訪問着や振袖、袋帯、反物、和装小物など和装品を出張買取してくれるおすすめ着物買取業者をランキング形式で紹介しているので、下記の記事をあわせてチェックしていきましょう。

着物買取業者のおすすめランキングを利用者の利便性、査定料金、コールセンターのサポート体制、企業規模などを独自の基準を元に編集部でスコアリングして紹介しています!着物や帯、和装小物をまとめて買取してほしい人はいますぐ買取相場を比較して買取依頼する業者を決めましょう!

着物買取おすすめランキング最新版【口コミ好評】

まとめ

いかがだったでしょうか。着物買取で喪服は売却可能です。正喪服、準喪服、略喪服などの喪服の格によって値段は多少異なってきますが基本的に変わりません。喪服や和装小物は単品では買取してもらえないので、あなたの喪服を処分したいと思った時は着物買取の専門家である買取業者に他の着物とまとめて査定してもらいましょう。

スピード買取 着物買取ランキング

かんたん検索 - 着物買取比較!

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!