旧硬貨の価値や買取価格は?まだお店で使える?

かわいい女の子

お財布の中に普段見慣れない図案の硬貨(コイン)が入っていた経験ありませんか。500円玉を例に挙げると、旧硬貨は0の部分に500という文字が書かれていません。普段ショッピングでよく使う硬貨の額面を気にしてみたことがない人も多いと思いますが、気がつかない間に価値の高い貴重な旧硬貨が含まれているかもしれませんよ。今回は、旧硬貨の価値や買取価格を紹介します。

旧硬貨はまだお店で使える?

貨幣
旧硬貨はまだお店で使うことができます。5円、10円、50円、100円、500円など現行通貨であれば、旧硬貨であってもお店で使える貨幣です。「円」単位の旧硬貨であれば全く問題なく使用することができますが、銭や厘など円より価値が低い硬貨はお店で使うことができないので注意してくださいね。銭や厘など昭和28年に使用が禁止され、現行通貨としてお店で使えない貨幣は、買取に出して確かな鑑定眼をもつ査定員に市場の価値に基づいた買取価格をつけてもらうことをおすすめします。

旧硬貨や紙幣など古銭は、銀行で新しい硬貨に両替してもらえます。量が多い場合は手数料を請求されますが、1枚から50枚であれば手数料は無料ですよ。

旧硬貨の価値と買取価格

笑顔の女性
旧硬貨の価値について、年代毎の発行枚数による現存枚数が少ない場合や、穴なしや穴ズレなど製造エラーが見られる場合にプレミアがつきます。旧50円硬貨を例に挙げると、昭和35年に発行された50円硬貨は、発行枚数が極端に少ないため買取価格で500円から1,000円を期待できます。また、未使用硬貨の場合は1,000円以上の価値がつくと言われています。昭和41年までに発行された旧50円硬貨は昭和35年に発行された硬貨以外希少価値は低いので高額査定は期待できません。しかし、エラーコインとして穴ズレや印刷ズレなど通常と異なる硬貨は高額査定されやすいですよ。現存枚数に照らした希少価値や正確な買取価格は実際に目利き高い鑑定士に査定してもらうまでハッキリしないのでまずは買取業者に査定額をつけてもらいましょう。

祖父母が残した旧硬貨の500円が100枚あるだけで50,000円です。一見単純な話のようですが、使っていない貨幣が5万円札になるのは嬉しいですよね。家族みんなで美味しいディナーを思う存分食べられますよ。

旧硬貨を高額査定してくれる古銭屋は?

旧硬貨を高額査定してくれる古銭屋を見つけるのは大変です。古銭屋は老舗のコインショップが多く、記念金貨や大判小判など貴金属としての価値と歴史的価値の高い硬貨に限定して査定・買取しています。そのため、旧硬貨を高額査定してほしいなら、買取対象品に制限がない古銭買取業者バイセルの利用をおすすめします。バイセルは、全国47都道府県を対象に古銭の買取を行っていて、年代に関わらず旧硬貨を査定してくれます。発行年毎の希少価値や古銭コレクターの人気など様々なデータを所有するバイセルなら、專門の目利きを活かしてあなたの旧硬貨に市場の最高価格をつけてくれるので安心です。月間約4,000件の古銭買取に関する問い合わせを受けるほど社会的信頼が高いですよ。気になる実績ですが、旧硬貨やオリンピック記念金貨など合わせて101,000円で買取しています。旧硬貨を売る際に関わる費用は完全無料なのでまずは下の緑のボタンから公式サイトに移り、表示される電話番号に電話をかけて売りたい旧硬貨の無料相談をすることをしてみてくださいね。

まずは無料で相談してみる


バイセルの出張買取サービスを利用すれば、申込後最短30分という早さで査定員が自宅まで無料出張してくれるので手間が一切かかりません。成約後にキャンセルすることが可能でその際にキャンセル料を請求されることはないので査定金額を知ってから本当に買取に出すのか決めましょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。旧硬貨の価値と買取価格について紹介しました。旧硬貨を持っている人は多いですが、あなたの旧硬貨の価値を把握している人はいますか?何気なく使っている貨幣の中に実は思わぬ高額査定を期待できる硬貨が含まれているかもしれません。価値の有無が不明確な旧硬貨はまとめてバイセルに無料査定してもらいましょう!

バイセルの古銭買取についてもう少し知りたい人は以下の記事をたった3分でチェック!  

バイセルの古銭買取の査定方法と口コミ評判Q&Aを紹介しています。古銭買取に関する知識と鑑定力が業界トップレベルのバイセルは完全無料であなたの古銭を正確に査定してくれますよ。
スピード買取 買取プレミアム

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

ウガンダ共和国における生活から一転!貪欲ひたむきに、日々、買取市場のWin-Winな世界を実現するため尽力しています。目指せ全員幸福!日本では買取市場に精通した専門家。ウガンダではゴミ拾いなど公衆衛生活動を通した社会貢献を行う現地NPO法人を指揮しています。