昭和33年の100円玉の価値はどれくらい?

眼鏡の女性

今回は昭和33年の100円玉の価値はどれくらいなのか紹介します! 昭和33年(1958年)といえば、世界的歌手のマドンナやマイケル・ジャクソン、日本人ではプロデューサーの秋元康や小説家の東野圭吾、お笑い芸人の久本雅美などが生まれた年でもあります。そんな昭和33年に発行された100円玉を売る場合、価値はどれくらいなのか、また売るとしたらどこの業者が良いのでしょうか。

本記事では、昭和33年発行の100円硬貨の価値や買取相場をはじめ、おすすめ古銭買取店についても紹介するので、昭和33年100円硬貨の価値を確認してからすぐ、古銭買取のプロに無料査定を申込みしてくださいね!

昭和33年に発行された硬貨は10倍の値段で売れる!?

昭和33年に発行された100円玉や10円玉は、他の年と比較すると圧倒的に発行枚数が少ないので、価値が高いと古銭コレクターの間で有名です。昭和33年の硬貨は、額面の10倍で売れる! とドラマ「新宿セブン」で主人公を演じる上田竜也が言っていることで知った人も多いのではないでしょうか。昭和33年に発行された硬貨があなたのお財布や貯金箱に眠っているなら買取に出すべきですよ。

昭和33年の100円玉の特徴

昭和33年の100円玉は、表面には鳳凰が、裏面には旭日を囲む桜の花がデザインされています。実は鳳凰が描かれた100円玉は昭和33年と一年前の昭和32年に発行されていて、昭和33年発行の100円銀貨の方が希少価値が高いです。

昭和33年の100円玉の価値

昭和33年の100円玉の価値はどのくらいなのでしょうか。買取相場は額面と同じ100円から200円の場合が多いです。しかし、昭和33年の方が発行枚数が少ないため、昭和32年と比べると価値が高いと言われてます。価値を決める基準として「銀」が関係しており、昭和32年や昭和33年の鳳凰100円硬貨は現在のような白銅貨ではなく、銀を含んだ銀貨でした。そのため、銀1gあたりの相場も加味すると価格が200円前後になります。

年号 発行枚数
1957年(昭和32年) 70,000,000枚
1958年(昭和33年) 30,000,000枚

※銀行で両替することも可能ですが、額面の100円にしかなりません。それよりは、額面以上で買取をしてくれる可能性のある買取業者で売る方をおすすめします!

昭和33年100円玉のおすすめ古銭買取業者

バイセルの古銭買取
昭和33年100円玉を買取してもらうなら、古銭買取の最前線をゆくバイセルがおすすめです。

バイセルの出張査定は、申込み後最短30分という早さで査定員が自宅へ無料訪問してくれる画期的な買取方法なので手間と時間が一切かかりません。

月間20,000件の問合せをうける査定員が、あなたの売りたい古銭を最新の買取技術を使って査定してくれるので他店より高額査定されやすいですよ。

自宅完結でいらない古銭を買取してもらえる全く新しい買取方法の先駆者として注目されているので、あなたもまずは売りたい古銭の無料査定からお願いしてみてくださいね!

下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう!

まずは無料で相談してみる

どうせ古銭に価値はつかないと思っていませんか。古銭の収集家が減少している事は事実ですが、日本の古銭に価値を見出す人は世界にも多いです。特に東京オリンピックが迫る昨今、世界中の古銭コレクターが日本の古銭に注目しているので高く売るならいましかないですよ。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は昭和33年の100円玉の価値と買取相場を紹介しました。

昭和33年や32年の100円硬貨以外にも売りたい古銭や古紙幣が眠っている人は、バイセルの査定員に鑑定してもらえば間違いありません。

古銭買取おすすめランキング2018年決定版という記事で紹介している通り、他店と比較してバイセルの古銭買取相場は圧倒的です。額面以上の値段が付く古銭やメダルは他にもたくさんあるので、まとめてプロの査定員に買取価格をつけてもらう事をおすすめします。仕分けいらずで保管されている古銭をそのまま査定に出すだけでOKです。

あなたの期待を上回る金額がつくかもしれませんよ……。

買取額がついてもつかなくてもタダなので気軽に、いますぐ下記のボタンからバイセルの公式サイトをチェックして申し込みましょう! 

まずは無料で相談してみる

スピード買取 買取プレミアム

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

小さい頃から水泳・バスケボール・器械体操を習い、大学時代には4年間で30ヶ国を周るなど、新しいものや刺激のあるものを求め「常に動いていたい」性分です。今ではインターネットの魅力に引き込まれ、新しいテクノロジーやサービスに毎日ワクワクの連続。そんな世界で少しでも価値あるものを生み出せるよう、これからも常に動いていきます!