昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の価値はどれくらい?

天皇陛下御即位記念10万円金貨㈪

今回は昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の価値はどれくらいなのかを紹介します! 趣味で集めた記念金貨への熱が冷めて現金化しようと思ったものの、どこで売れるのか分からずお困りではありませんか? 銀行で両替してもらおうかとお考えのあなたは、この記事でおすすめの売却方法も検討してみてください。今回は、昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の買取相場とおすすめ買取店を紹介します!

昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の価値と買取相場は?

発行年 発行枚数 販売価格 金(g)
昭和天皇御在位60年記念10万円金貨 昭和61年 1,000万枚 14万円 20g
昭和天皇御在位60年記念10万円金貨 昭和62年 100万枚 15万円 20g

昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の価値は、1986年(昭和61年)と1987年(昭和62年)など発行年毎に異なります。価値は昭和62年に発行された金貨の方が高いです。その理由は10万円金貨の発行された枚数にあります。
昭和61年に発行された金貨が約1,000万枚あるのに対して昭和62年は約100万枚ほどしかないため、昭和62年に発行された金貨の方が希少価値が高いですよ。

100,000円金貨は、現存枚数が少ないため買取に出せば150,000円を相場に売れるでしょう。実際は、キズや汚れ等で買取額が変動したり、リアルタイムの需要変化で異なるので買取金額を正確に知りたい人は下記のおすすめ買取店にいますぐ無料査定をお願いしましょう!

銀行で両替できるの?

銀行で両替してもらう事は可能です。しかし、銀行では額面分のお金でしか交換してくれませんので、おすすめしません。つまり銀行で交換する場合は10万円です。希少価値のある10万円記念金貨を額面と同じ値段で売るのは得策とは言えないでしょう。昭和天皇御在位60年記念10万円金貨には額面以上の価値が期待できるので、下記の古銭買取店に査定をお願いして高額査定してもらいましょう!

昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の買取はバイセルがおすすめ

バイセルの古銭買取
昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の買取はバイセルがおすすめです。

バイセルの出張査定は、申込み後最短30分という早さで査定員が自宅へ無料訪問してくれる画期的な買取方法なので手間と時間が一切かかりません。

月間20,000件の問合せをうける査定員が、あなたの売りたい古銭を最新の買取技術を使って査定してくれるので他店より高額査定されやすいですよ。

自宅完結でいらない古銭を買取してもらえる全く新しい買取方法の先駆者として注目されているので、あなたもまずは売りたい古銭の無料査定からお願いしてみてくださいね!

下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう!

まずは無料で相談してみる

記事始めの目次に戻る

昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の特徴をおさらい

昭和天皇御在位60年記念10万円金貨とは、文字通り昭和天皇の在位60周年を祝う際に発行された金貨のことで、1986年(昭和61年)と1987年(昭和62年)の2回発行されました。国家行事を記念して発行される記念硬貨には、金や銀、またはプラチナといった貴金属が含まれているものがありますが、この昭和天皇御在位60年記念10万円金貨が、日本で初めての記念金貨となります。10万円金貨とは別に1万円銀貨と500円白銅貨も発行されています。表には鳩と水の絵柄があり、裏には菊の紋章があります。どちらの年代の10万円金貨も大きさは直径が30mmで、金の含量は20gと違いはありません。

60年記念10万円金貨の偽物はあまり出回っていない状態になっていますが、上記で紹介している情報だけで偽物の真贋チェックは難しいです。古銭屋の専門家の目利きで鑑定してもらうことを推奨します。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は昭和天皇御在位60年記念10万円金貨の価値はどれくらいなのかを紹介しました。昭和天皇御在位60年記念10万円金貨をはじめ、貴金属を含む硬貨は他にもあります。純金や純銀など、価値の高いものですので眠らせてしまっては勿体無いです。少しでも高く売りたい方は、銀行ではなくバイセルをおすすめします。古銭をどこよりも高く売りたい人は、下記のボタンを押してバイセルの無料査定をいますぐ申込ましょう!

まずは無料で相談してみる

スピード買取 買取プレミアム

誰かの役に立つと思ったら共有お願いします!

小さい頃から水泳・バスケボール・器械体操を習い、大学時代には4年間で30ヶ国を周るなど、新しいものや刺激のあるものを求め「常に動いていたい」性分です。今ではインターネットの魅力に引き込まれ、新しいテクノロジーやサービスに毎日ワクワクの連続。そんな世界で少しでも価値あるものを生み出せるよう、これからも常に動いていきます!